離乳食が始まったら歯みがきも開始

生まれて5,6ヶ月ほどでほとんどの子が離乳食を始めます。

その離乳食に合わせて歯磨きも開始になりますので、離乳食とともに
忘れずにスタートしたいです。

ではどのように始めていけば良いのでしょうか。

子供が初めての新米パパやママは子どもを虫歯にしたくないとは思っていても、
いつから始めて良いのか迷っている人も多いです。

この頃の子供はお座りもできるようになり、大人が食べている様子に関心を持ち始め
よだれを出すようになります。

口ももぐもぐし始め、離乳食を始めていくサインです。

しかし生後半年頃と言うと子供によりますが前歯が生えてくる頃で、奥歯が生えてくるのは
まだまだ先になります。

ですから前歯だけだと虫歯にはならないかなと思ってしまいがちなのですが、歯が
生え始めた時から虫歯の危険はでてきますので、赤ちゃんにも歯のケアはしていきたいです。

ただ歯が生えてきたからと最初から歯みがきをしても子供は嫌がりますし、赤ちゃんはよだれを
多く出す事で歯を守っていますので、直ぐには虫歯にはならないので焦る必要はないです。

ただ何もしないのは良くないですし、ミルクや母乳を毎食飲んでいる子供は離乳食を
始めていなくても歯みがきに変わるものをしないと酸が出て、虫歯になってしまいます。

歯みがきの変わりになるものとしてガーゼを使って歯を綺麗にしてあげましょう。

清潔なガーゼを大人の指に巻いて優しく拭きます。

この作業をする事で、お子様が口の中に何か物が入ることに抵抗がなくなります。

慣れてきたら少しずつ歯ブラシを使って歯みがきを始めていきましょう。

この最初の時期に大切なのは子供が歯みがき嫌いにならないようにする事です。

離乳食を終えた後に歯みがきをする習慣を付けるために、歯みがきタイムを楽しい時間に
してあげましょう。

歌を歌ったりおしゃべりをしたり、時折手遊びも交えながら楽しく歯みがきをする事をおススメします。

赤ちゃんを自分の膝の上に仰向けに寝かせて、歯みがきをすると良いです。

離乳食時期から歯みがきをこの姿勢で始めることで、仰向けに寝かせて歯みがきをする習慣が
つきます。

またガーゼは1回使ったら必ず捨てることが鉄則ですが、毎回切って使うのは面倒ですよね。

そんな人のために使い捨てで一枚一枚個包装になっているものが薬局に売られていますので、
1箱買っておくと便利です。

どこにでも持ち歩く事ができて外出先でも使えるので、家にいない時でも歯のケアができて
便利です。

離乳食を始めたら歯みがきの開始と言う事を頭に入れ、最初は拭く事から始めましょう。

⇒赤ちゃんも使える歯磨き粉「ブリアン」はこちら

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ