磨きにくい奥歯は虫歯に要注意

子供の奥歯の虫歯って、親が気づかないうちにできている事が多いです。

自分の奥歯さえも磨きづらいため、気づくと小さな穴ができている事はないですか?

奥歯は死角になっているので十分気をつけないと、磨き残しをしてしまうのです。

しかも虫歯になりたての頃はあまり痛くないのと、黒くならずに白いままなので
虫歯になったことに気づかないのです。

虫歯の初期段階は歯石が溜まってできる事が多く、白い虫歯で親が見ただけでは
気づきません。

歯医者の定期検診で先生に指摘されて気づいたり、子供が冷たいものを飲んだ時や
甘いものを食べた時にしみたり、痛みを訴えて気づくのです。

でも痛みがでてきた時は既に虫歯は進行している事が多いので、
その前に気づきたいところですよね。

加えて奥歯に虫歯を作らないように予防をするのが1番良いです。

子供の奥歯に虫歯ができやすいのは2,3歳と言う事を、覚えておくと良いでしょう。

その前はまだ奥歯が生えきっていないので前歯が虫歯になりやすく、
乳歯が生え揃う2,3歳頃に奥歯の虫歯ができやすくなります。

この頃から甘いお菓子や飲み物を口にする機会も増えてくるので、
それも虫歯になりやすい原因の1つになります。

2,3歳の頃は奥歯と奥歯の噛み合わせの部分に虫歯ができやすいと言う事を、
常に頭に入れて歯みがきをしましょう。

そして4歳ごろの子供は奥歯とその手前の間に虫歯ができやすいので、
そこを重点的に磨き、6歳ごろになると永久歯が生えてきますが、
その生えたての奥歯も非常に虫歯になりやすいので気をつけないといけないです。

どの年齢の時も歯みがきだけでは磨き残しがあるので、子供用のフロスを使う事を
おススメします。

薬局に行くと、子供用が売られていますので毎日の歯みがきの後に行ないます。

歯みがきでは取り切れない歯石が結構取れますので、びっくりするでしょう。

子供の奥歯を虫歯にしたくないので、歯みがきをきっちりしなくてはと毎日神経を
尖らせるのはストレスになりますよね。

ですから年齢でできやすい場所を頭に入れておき、その部分を他の歯よりも
丁寧に磨いてあげてください。

また子供の奥歯の虫歯は発見しにくいので、定期的にかかり付けの歯医者で
診てもらい、その時にフッ素を塗ってもらうと予防効果が高まります。

子供の歯は大人に比べて弱い為、すぐに虫歯になってしまいます。

神経に届くと痛いだけでなく治療にも時間がかかってしまうので、虫歯を作らないよう
親が気をつけてあげたいです。

子供の奥歯は虫歯ができやすい事を頭に入れておき、丁寧に磨いてあげましょう。

⇒虫歯ケアの新習慣!ブリアン歯磨き粉はこちら

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ