子供の虫歯はミュータンス菌がカギ

子供の歯を磨いても磨いても虫歯になり、歯医者にばかり通っている・・・

歯みがきもきちんとしているし、歯医者でしっかりと治療してもらっているはずなのに
なぜか直ぐに虫歯になり病院のお世話に、こんなご家庭多いのではないでしょうか。

このような子供はもしかしたらミュータンス菌に沢山感染しているかもしれないです。

ミュータンス菌は昔は知られていなかった菌で、ここ最近の研究でミュータンス菌に
なるべく多く感染しない事が、子供を虫歯にさせにくい事につながる事がわかりました。

ではミュータンス菌とは何か?

どのように感染して、予防方法はあるのでしょうか。

ミュータンス菌は生まれたばかりの赤ん坊の口の中には存在しない菌で、後天的に
感染するものです。

感染源はミュータンス菌を持っている大人と接触する事で移ります。

唾液を通じて移るため同じお箸やスプーンで与えたり、熱いものを口移してで
あげる事で感染します。

ですからミュータンス菌に感染しない予防法の一つが、同じお箸やスプーンで
与えない事。

昔は離乳食時に、親が口の中で租借したり冷まして与える事が普通でしたが、
最近は虫歯が移るということで、口移しをする親は減りましたし、気をつけている
ご両親が多くなりました。

でも祖父母の世代はどうでしょうか。

祖父母の時代は口移しは普通でしたし、食事を与える時にわざわざお箸やフォークを
変えるなんて面倒な事はしなかったです。

祖父母に子供を預ける時は用心しましょう。

そしてもう1つの予防法は、親や兄弟自身がミュータンス菌を少なくする事です。

どんなに気をつけていても少なからず接触はしますので、唾液接触をした時に
あまり移らないためにも、大人がミュータンス菌にあまり感染をしてない事が
大事なのです。

ミュータンス菌に感染しない事というのは、虫歯を持っていないこと。

赤ん坊が生まれる事がわかったら、まずは周りの大人や兄弟は歯医者に行って
むし歯がないかのチェックです。

妊婦は臨月になると麻酔の関係上、むし歯治療ができない可能性があるので、
早めに歯医者に行っておきましょう。

またミュータンス菌に感染しないもう1つの予防法として、
歯みがき後にキシリトール入りのガムやタブレットを食べるのも有効です。

ガムを食べるのが難しいと言う子供でもタブレットがありますので、
上手に活用しましょう。

子供がミュータンス菌に一度感染すると減らすのは大変です。

なるべく感染しない事が今後むし歯にならないための1番の予防法です!

⇒虫歯菌対策はブリアン歯磨き粉!最新情報はこちら

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ