うがいで虫歯予防を

子供を虫歯にしないためにうがいが有効な事を知っていますか。

うがいをきちんとしないと虫歯にもなるので気をつけないといけないです。

子供を虫歯にしなたいめに歯みがきをきちんとしている親は多いですが、うがいまで
神経を尖らせている親は少ないのではないでしょうか。

小さい子供はうがいがあまり得意ではない事もあり、何となくうがいをして終わりに
している家庭が多いです。

でもそれでは虫歯になってしまうのです。

甘いものなどを食べて10分から20分ほどで口の中には酸が発生し、歯を溶けさせます。

そして普通はそれが再生されるのですが、それが追いつかず虫歯になってしまうのです。

ですから酸を発生させない事が大事で、もちろん歯みがきをきちんとしてうがいまでを
行うのがベストなのですが、時間がなくて歯みがきが出来ない時や子供が歯みがきを
嫌がる時はとりあえずうがいだけはさせましょう。

20秒から30秒ほどかけてゆっくり歯みがきをする事で、口の中にできた酸を外に
出す事ができるからです。

逆に一生懸命歯みがきをしてもうがいをしないと、そのまま歯に歯石やカスが付着したままに
なってしまう可能性があるため、せっかくの歯みがきが半分台無しになってしまいます。

嫌がる子供にがんばって歯みがきをしたのに、虫歯になってしまったと言うことがないように
するためにも歯みがき後のうがいは忘れずにやらせてください。

ぐちゅぐちゅぺができない小さいお子様もいますよね。

その場合は水やお茶など糖分の含んでいないドリンクを、口に含ませて飲ませましょう。

それだけでもかなり違います。

またただの水を使ってうがいでも十分効果はあるのですが、手間でなかったら
重曹水を作ってそれでうがいをさせるとより効果が高まります。

なぜなら口にした糖は虫歯菌によって酸に変えられますので、弱アルカリ性の重曹水を
口に入れるとそれが中和されるからです。

また歯の再石灰化を行う為、小さな出来始めの虫歯を治してしまうチカラもあるのです。

子供は歯が弱い為虫歯になりやすいですが、出来始めの頃は痛みがないため
気づきにくいです。

しかし例え虫歯になっていても初期ならこの重曹水で治るのです。

子供のうがい用として重曹水を作っておくだけで、虫歯予防にもつながるなら大きな手間には
ならないですよね。

もちろん子供を虫歯にしないために、うがいだけでは防止にはなりません。

食後には必ず歯みがきをする事と、甘いお菓子や飲料水を飲み過ぎないことも鉄則では
ありますが、子供のうがいは虫歯予防にもなる事を頭に入れておいてくださいね。

⇒うがいができない子でも安心!ブリアンはこちら

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ