乳歯はフッ素で虫歯予防を

乳歯も永久歯と同じように虫歯になる事を知っていますか?

しかもその危険は歯が生え始めた頃から始まっていて、しっかりと親が気をつけないと
子供も虫歯になってしまいます。

子供はまだ上手に歯みがきができないですし、親が与えるおやつや飲み物を
摂るため、子供が虫歯になるかどうかは親の責任になります。

でも毎日歯みがきをしていても虫歯になってしまう事もあるのです。

甘いものもそんなに食べていないはずなのに・・・

そんな方におススメしたいのが乳歯にもフッ素です。

食事をした時に摂る糖が歯の表面のプラークの中に潜んでいる虫歯菌と合体する事で、
虫歯を作ります。

虫歯菌は糖を利用して酸を作り出し、歯を溶かすのです。

溶かされた歯は毎回唾液によって元に戻るを繰り返すのですが、酸が作り出される量の方が
増え、このバランスが崩れてしまった時に虫歯になるのです。

ですから食事の後は歯を良く磨いて歯の表面に付着している糖を摂ってあげないと
いけないのですが、歯みがきでは取りきれないのが現実です。

そこでフッ素のチカラを借りて予防をしましょう。

虫歯も病気の一種ですが予防しやすい病気の1つで、その予防方法がフッ素になります。

乳歯にフッ素を塗って虫歯を予防する方法として、歯医者で塗布してもらう方法と
自宅で行う方法があります。

虫歯菌が作り出す酸を抑制してくれるのがフッ素で、子供が1歳半ごろになり乳歯が
半分ほど生えてきた頃に第1回目のフッ素塗布を歯医者で行なう事が多いです。

歯医者での塗布は市や区の補助で行えるので、子供の歯が生えてきたら虫歯予防の為に
予約しましょう。

しかし残念ながらこれだけでは安心できないです。

歯医者での乳歯へのフッ素塗布は3ヵ月から半年に一度ですが、できれば自宅でも
行ないたいところです。

方法としてはフッ素入り歯磨き粉を使う方法と、1日1回フッ素洗口でうがいをする方法に
なります。

どちらも子供用のものがあるので薬局に行き、お子様の年齢を伝えて購入する方法か、
歯医者での購入方法があります。

歯医者に置いてあるものは医師が選んだお勧めのものなので、我が子の歯を診てきた医師に
相談しながら購入する事ができ間違いないです。

フッ素入り歯磨き粉は大目に歯ブラシにのせて使い、ゆすぎは軽めに行ないます。

少々舌に味が残ってしまい嫌がる子もいますので、そのような子供にはフッ素洗口を使いましょう。

こちらは歯医者で売られていてフッ化ナトリウムが無味無臭なので、抵抗なくすすぐ事ができて
お勧めです。

ただし、注意点として
・うがいができないと使えない
・年齢制限がある
・直接的な虫歯予防(菌除去)にはならない

などのデメリットもあります。

これを理解したうえで、乳歯のときからフッ素を活用してくださいね。

⇒フッ素が不安なら安全成分の歯磨き粉「ブリアン」

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ