心配なら無添加の歯みがきを選んでみて

子供が虫歯にならないように子供の歯を守るのが親ですが、できるだけ体に安全な物を
使用したいと思います。

いくら虫歯にしないからと言ってもカタカナの名前のよくわからない化学製品が色々入った
歯磨き粉は使いたくないです。

では子供用の歯磨き粉で無添加のものはあるのでしょうか。

あるならどのようなものがあるのか気になりますよね。

子供の歯は生え始めの頃はやわらかくまだ十分に硬くなっていないため、虫歯になりやすいです。

しかし逆に歯がやわらかい分フッ素を中にとりこめやすいため、フッ素入りの歯磨き粉を
使用すると虫歯予防に効果的です。

ですから乳歯が生え始めた頃にフッ素入りの歯磨き粉を使用してブラシをするのは、虫歯を
子供に作らない為に非常に良いのですが、気をつけないといけないのがものによっては
色々な添加物が含まれている事。

添加物と言われてもピンときませんが、「発泡剤」や「着色料」や「香料」や「研磨剤」がそれに
あたりますので成分表示を見て、これらの添加物が入っていない物を選びましょう。

ただそのまま研磨剤とは書かれていません。

「ラウリル硫酸ナトリウム」と言う名前で表示されていて、合成界面活性剤の一種になります。

つまり石油から作られている成分ですので、子供の体にいれるのは良くないのがわかります。

大人用の歯磨き粉で含まれている事が多いのですが、これはCMで芸能人は歯が命と言うフレーズが
話題になり白い歯がステータスになったからです。

昔から白い歯を作る為の成分として、大人用の歯磨き粉にはほとんど研磨剤が含まれています。

しかし子供に研磨剤は必要ないですよね。

しかも子供の歯は大人に比べてやわらかく削れやすいため、研磨剤が含まれている
歯磨き粉を使用すると削れてさらに弱くなってしまう可能性が高く、使う事で逆効果に
なる可能性が高いです。

発泡剤は泡ですが、泡で磨くと綺麗になったような気になりますので泡がないと
物足りなく感じますが、これも必要なしです。

着色料に関してもピンクだったり青い必要はありませんし、香料も人工的にイチゴや
バナナの香料を入れる必要はないので、配合されていないものを探しましょう。

子供用の歯磨き粉は無添加なものが多く、入っていても微量ですが特にうがいが
できないまだ小さなお子様は口に入れても安心のものを使いたいです。

確かに香料や甘味料が含まれている歯磨き粉だと歯みがきがしやすく、子供も
喜びますが、子供の安全を考えるなら子供の歯磨き粉は無添加を選ぶのが正解です。

⇒子供の安心!歯磨き粉「ブリアン」はこちら

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ