赤ちゃんの歯みがきの仕方

生まれたての赤ちゃんには歯は生えていませんが、生後半年から1年ほどしてくると
前歯から順番に歯が生えてきます。

では虫歯はいつからなるのでしょうか。

歯が生えていないときは虫歯になる事はないですが、歯が生え始めた瞬間から
虫歯になる危険があるので、親は気をつけないといけないです。

でもまだ前歯しかないので乳児にはガーゼを使いましょう。

歯が生え始めたときから虫歯になる危険はあるのですが、赤ん坊は口の中に唾液が
多いため歯を守ってくれていますので、そこまで神経を尖らせる必要はありませんし、
小さいお口に歯ブラシはやりづらいです。

そこでガーゼを使って歯を綺麗に拭いてあげます。

ただ生えてきた時から始めると嫌がる可能性が高いので、まだ生える前の時期から
慣れさせる意味で口の中にガーゼを入れてみると良いです。

方法は簡単で、大人の人差し指にガーゼを巻いて口の中を優しく拭うような気持ちで
指を入れて行います。

このように小さいうちからガーゼで巻かれた指を入れる事で、お子様がなれるだけでなく
歯みがきを行う大人も赤ちゃんの口の中に指を入れる抵抗感や怖さがなくなるという
メリットがあり一石二鳥なのです。

そして歯が生えたらまずは赤ちゃん用の歯ブラシで一度試してみてください。

もし磨く事を嫌がるようなら綿棒にガーゼを巻いて、指で行ったのと同じように
歯の表面を拭いてあげます。

薬局でベビーコーナーに行くと、歯磨き用の使い捨てのガーゼも置いてあるので
それを使う事をおススメします。

薬局には色々なタイプのガーゼが置いてありますが、衛生的な面から考えて
ガーゼは使い捨てにしましょう。

使い捨てのもので一枚一枚袋に入っている物もあるので、外出先で簡単に拭う事が
できてお手軽です。

乳児の歯をガーゼで拭いてあげるタイミングはできたらミルクやおっぱいを
与えた後がベストですが、時間がない時は夜寝る前だけでも行ないたいです。

と言うのも夜寝ている時はあまり唾液がでないため、虫歯菌が活発になり虫歯に
なりやすいからです。

乳児にガーゼで歯を綺麗に行うときの注意事項として、ガーゼは使い捨てにする事の他に
乳児が誤ってガーゼを飲んでしまわないように気をつける事と、吐露反射で吐いてしまうため、
あまり指を奥まではいれないようにする事も大事です。

そして乳児の歯をガーゼで綺麗にする際にもっとも大事な事が、無理強いはしない事。

歯みがきは大抵の子供は嫌いで、苦手です。

しかし歯みがきをしないと虫歯になるので、歯みがきは楽しいと思わせてあげる事が
ポイントです。

乳児にはガーゼを使って虫歯予防をしてくださいね。

⇒歯が生え始めたら「ブリアン」公式サイトはこちら

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ