母乳育児でも虫歯になる!?

子供が生まれてほとんどの人が最初は母乳で育てます。

その後、自分の体調や赤ちゃんの発育によって母乳のみ、ミルクとの混合、そして
ミルクのみの育児と分かれます。

半年ほどして子供に歯が生えてきますが、食事したものが歯に付着したままだと
虫歯になりますよね。

では母乳はどうでしょうか。

母乳だと虫歯にはならないのではかと思っている人も多いですが、母乳だけで
育てていても虫歯になる危険はあるので要注意です。

母乳での育児は栄養、免疫力、そして親子の精神的な面からみてもとても優秀で、
できるなら母乳で育てるのが良いとされています。

ただ母乳は泣いていても与えると泣きやむ場合が多いですし、寝る前に飲ませると
大抵の場合は寝るので、寝かしつけの最強のアイテムのため、夜間に与えることが多いです。

しかしそのような与え方をしていると気になるのが、母乳が与える虫歯への影響です。

赤ちゃんは母乳を飲む時に、舌を突き出して上あごに乳首を押し付けるような形で飲みます。

そのため前歯に母乳が付着しやすくなり、そのまま寝てしまうと上の前歯に母乳が
ずっとついたままの状態で朝を迎える事になります。

日中は唾液を出しますのでその唾液で付着した母乳をとってくれるので、虫歯になりにくいのですが
夜間は唾液の分泌量も減る為、虫歯になりやすいのです。

ただし下の前歯は舌で覆われるような形で飲んでいるのと唾液がでるため、虫歯にはなりにくく
心配をする事はあまりないです。

では虫歯にならないためにどうすれば良いのでしょうか。

前歯が生えてくる生後半年ぐらいはまだまだおっぱいが必要な時期ですので、そのタイミングで
母乳は止められないです。

1番良いのは母乳を与えた後に毎回磨く、もしくは拭いてあげる事ですがこれは育児に追われている
母親にとって、とてもハードルが高いですよね。

大変なだけではなく、もしかしたらせっかく寝付いた子供も起きてしまうかもしれないです。

母乳は虫歯になりやすいですが離乳食を始めて他のものを口にし、それが歯に付着した状態に
さらに母乳が入る事で、虫歯ができやすい環境にしてしまいます。

ですから母乳のみの時期はそこまで神経を尖らせる事はないですが、離乳食を始めたら
食事の後はしっかりと磨きましょう。

生後半年ぐらいの時期はまだ前歯しか生えていない為、あまり虫歯を気にしている親は
いないのですが、母乳育児をしているなら離乳食後には毎回しっかりと磨き、外などで
それが難しい場合は拭くようにしてください。

母乳でも虫歯にはなる事を覚えておきましょう。

⇒母乳が心配なら「ブリアン」で虫歯予防!

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ